感情表現のお話

感情表現

感情表現のお話

今まで僕は幸運にも、音大生から、アマチュア歌愛好家、有名な現役プロアーティスト、デビュー前のアーティスト、小学生から65歳くらいまでの老若男女、述べ数千人は教えて来たと思います。

どんなレッスンをするかというと、いろんなレベルの生徒さんがいますがいきなり感情表現のレッスンをすることはありません。
歌の基礎としての正しく自由に広い音域を歌えるようになる為のレッスンから行います。
生徒さんの声を聞いてその人に合った科学的裏付けのある課題を瞬時に判断して組んで行くのです。

信じられないかも知れませんが、今までの経験値を総動員して行うので控えめに言っても99%の生徒さんはメキメキと上達して行きます。

「やった~、せんせい、今‥出来てましたよね !!」

生徒さんが目を輝かせて喜ぶ顔を見ることが出来るのは最高です。

人間は出来なかった事が出来るようになると心の底から全能感が湧き上がるものです。
その達成感は自信につながり、素敵な自己肯定感へと変わって行きます。

それを手助け出来る音楽講師というのは本当に素晴らしい仕事だと思います。
僕も本当に嬉しくなります。

ただし、ゴールはそこではありません。

全て、自然な感情表現を込めた、観客の心に響く歌を歌えるようになる為の準備段階なのです。

それは、どうしたら良いのでしょうか?
そもそも、教えられる事なのでしょうか?
持って生まれた感性の差では? とあなたも思うかも知れませんね。

でも、安心してください。
僕はそれを引き出す為の方法論も確立しています。
みんな吃驚するくらいガラッと歌の表現力が変わりますよ!

ヒントは歌詞の読み方にあります。

続きは”歌詞と感情表現をリンクするには?
をお読みください。


★True voice の願い
あなたがまだ知らない、あなたの本当の美しい声
それをあなたと一緒に見つけたい。
それが、僕ら”TRUE VOICE “の願いです。
TRUE VOICE 主宰 SABURO TAKADA

Twitter

高田三郎のメルマガ”サブロッソ”(無料)登録 

ヴォーカルレッスンへの気楽なお問い合せフォーム

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください