drum16beat

誰にも聞けなかった音符のお話し ー16分音符までくれば完璧でしょう!!ー

理論

誰にも聞けなかった音符のお話し 

ー16分音符までくれば完璧でしょう!!ー

誰にも聞けなかった音符のお話しが意外にも
高アクセスでした。

ありがとうございました♪

そこで、今日もあと一歩進んで音符のお話しをお教えしましょう!

では譜面はバッチリという人はここでさようならで~す( `ー´)ノ

残った方、超簡単な譜面のお話しをさらに進めましょう!!

前々回のブログで8分音符まではお教えしましたね。

後はその半分の音符さえわかれば
ポピュラーヴォーカルの音符はバッチリなのです。

元の音符である全音符4で割ったのが4分音符
8で割ったのが8分音符と簡単でしたね。

そして、16で割ったのが16分音符!!

楽勝ですよね。(*^▽^*)

カウントは

「いち、にい、さん、しい、ごう、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう、
じゅういち、じゅうにい、じゅうさん、じゅうし、じゅうご、じゅうろく」

と数えるのは難しいですね。

そこで、

4/4拍子の基本の拍である四分音符を4っに割ってカウントしてみましょう。

「いち、にい、さん、しい /にい、にい、さん、しい/さん、にい、さん、しい
/しい、にい、さん、しい」

という感じです。

四分音符を「トン、トン、トン、トン」
と感じながら、その一個ずつを4で割るように意識しながら
言ってみましょう。

 慣れてきたら

 ドラマーのように、膝を両手で交互に叩きながら言ってみましょう。

 

「いち、にい、さん、しい」

が「右手、左手、右手、左手」と同じタイミングになるように

膝を叩きます。

「タカ・タカ・タカ・タカ」=「右・左・右・左 」

という感じですね。

慣れてきたら、これも膝を叩きながら曲を歌ってみましょう。

そうすると、

今まで雰囲気で曖昧に歌っていたリズム部分が

「スカッっと」

見えてくること請け合いです。

四分音符を3っつに割った3連符というのもあるので
膝叩きにはまり切らない部分も若干ありますが少ないはずです。

まずは16分音符にフォーカスして練習してみましょう!
それだけでも飛躍的にリズム感が良くなりますよ。

では、今日も僕のブログを読んてくれてありがとう!!


★True voice の願い

あなたがまだ知らない、あなたの本当の美しい声
それをあなたと一緒に見つけたい。
それが、僕ら”TRUE VOICE “の願いです。

TRUE VOICE 主宰 高田三郎

高田三郎のメルマガ”サブロッソ”(無料)登録 

ヴォーカルレッスンへの気楽なお問い合せフォーム

takadasaburo.com

Twitter

 

TAKADA SABURO
● この記事を書いた人 : True Voice 主宰 / 高田三郎

(元) Speech Level Singing 日本初認定ヴォイストレーナー
YAMAHAゴスペル講師、昭和音大非常勤講師

ロサンゼルスから持ち帰ったハリウッドスタイルのヴォイストレーニングとプロシンガーでもある自身が開発した高田メソッドによる科学的、理論的な発声指導法で多くのプロアーティストのヴォイスコーチとして活躍中。

「高い声で歌える本」「ヴォーカリストのための全知識」「カラオケで高得点をたたき出すボイトレ本」など数十冊のボイトレ本の著者でもある。

コメントを残す