drum2

リズム感よく歌う為に -超簡単な音符のお話し-2

リズム感, 楽譜攻略, 演奏法

リズム感よく歌う為に -超簡単な音符のお話し-2

こんにちは、歌って踊れるヴォイストレーナー
高田三郎です(笑)

前回はリズム感良く歌う為に
4/4拍子についてお話ししました。

今日は8分音符のお話しをしましょう。
これも、譜面が楽勝の方はここでさよならです。(‘◇’)ゞ

残った方、ありがとうございます!!

引き続き、超簡単な音符のお話しをしていきましょうね。

 

★8分音符がとれれば抜群のリズム感に!!

まず、8分音符(♪)と聞いて

「8分音符ってなに?、何を8分割してるの?」

とネーミングに素朴な疑問を持ちますよね。

「じゃ、前回の♩=4分音符ってのも、何を4分割してるんだい?」

という事に気が付きましたか!(笑)

するどいですね。(*^▽^*)

実は、これは逆の順番でに考えていけば超簡単なんですよ。

まず、全音符=○(白玉音符)というのがあります。
これは、”全部の”という意味よりも、”もとの”という意味で考えると
ぐっと分かりやすくなります。

全音符=元の音符=○(白玉音符) だと考えたら。

後はそれを割って行くだけなのです!

元の音符を2で割った長さ、つまり半分の長さが 

2分音符(白玉音符に棒がついた奴です。)

4で割った長さが、4分音符=♩

8で割った長さが 8分音符=♪

ね、たったこれだけのことなんですよ。

超簡単でしょう!!

これを、4/4拍子の関係で考えると、

一拍を2つに割って

「いち・とを、にい・とを、さん・とお、よん・とお」

カウントした時の一個の長さが8分音符=♪になるということです。

そうすると、1小節に「タタ・タタ・タタ・タタ」

と、8個の音符が感じられますね。

それが8分音符の長さです!

音符で書くと「♪♪♪♪♪♪♪♪」です。

一拍のまとまりをわかりやすくする為に♪♪の旗をつないで

「♫ ♫ ♫ ♫」こう書いても同じ意味です。

さっきの”とを”のところをオフビートや裏拍といいます。
ここがちゃんと感じられるとリズム感が飛躍的に良くなることも
前のブログでも書きましたね。

ちなみに

”いち””にい””さん””しい”
のところは オンビートや表拍といいいます。

さあ、今日から、曲を聞いたら

「いち・とを、にい・とを、さん・とを、しい・とを」

と言いながら、

手で膝を

「タタ・タタ・タタ・タタ」=「♫ ♫ ♫ ♫」

とドラマーのように叩いてみましょう!

最初は片手で、慣れたら両手で交互に叩いてみましょう。

そして、これをやりながら

曲を歌ってみましょう。

毎日やれば、リズム感が抜群のヴォーカリストになれますよ!!


★True voice の願い
あなたがまだ知らない、あなたの本当の美しい声
それをあなたと一緒に見つけたい。
それが、僕ら”TRUE VOICE “の願いです。
TRUE VOICE 主宰 SABURO TAKADA

Twitter

高田三郎のメルマガ”サブロッソ”(無料)登録 

ヴォーカルレッスンへの気楽なお問い合せフォーム

TAKADA SABURO
● この記事を書いた人 : True Voice 主宰 / 高田三郎

(元) Speech Level Singing 日本初認定ヴォイストレーナー
YAMAHAゴスペル講師、昭和音大非常勤講師

ロサンゼルスから持ち帰ったハリウッドスタイルのヴォイストレーニングとプロシンガーでもある自身が開発した高田メソッドによる科学的、理論的な発声指導法で多くのプロアーティストのヴォイスコーチとして活躍中。

「高い声で歌える本」「ヴォーカリストのための全知識」「カラオケで高得点をたたき出すボイトレ本」など数十冊のボイトレ本の著者でもある。

コメントを残す