本番よりリハーサルが上手い理由 -フォルマント-

理論

本番よりリハーサルが上手い理由

ほとんどの歌手がなぜか、リハーサルの方が本番より上手く歌えまるのはなぜか?

勿論、キャリアのある大御所系の方々は流石にみなさんそういう事はありませんでしたが、
前のブログでお話したとおり、まず、ほとんどの歌手はリハーサルのほうが上手く歌えていることがとても多いのです。

それはなぜか?

結論から言うと

ちゃんと歌うことの正解のパターンが間違っているからです。

間違っているから 逆に

ある意味リハーサルで軽く歌っている方が正しい発声になってしまっているのです。

リハで軽くウォーミングアップを兼ねて歌っている時のほうが正しい発声なので

上手く歌えて

 

本番では

 

「よし、お客様の為に ちゃんと歌うぞ !」

と思うと、逆に間違った発声になってしまってリハほど声が伸びない、音程のコントロールが悪くなる、声も響かなくなってしまうのです。

 

だから

 

「気合をいれてちゃんと歌ったのにリハのほうが良かったね…がっくり」

 

となってしますのです!

悲しいですよね。

そして、なぜ、そうなったのかわからないから ずっとそれを繰り返す事になるのです。

では、何が間違っているのでしょうか?

リハの方が本番より上手くなってしまう

2大間違った発声の思い込みとは!!

1、音程は息の量でコントロールする

 

2、声量は体幹と腹筋を強めて出す

これは、一見 「どこがいけないの?」

 

と思われる方が多い、発声指導の常識と考えている人も沢山いると思います。

実は科学的にはナンセンス!

歌うには、実はそんなに息の量や日常生活が出来る以上の体幹や腹筋なんていらないのです。

 

だから、本当に上手い歌手は らくらくと歌うので しばしば 口パク疑惑をかけられます。

 

「全然、意味がわからん! 」という あなた是非したのリンクでYoutubeを見てください。

 

アメリカンアイドルというコンテストであまりに正しい発声でらくらくと歌っているので、口パク疑惑をかけられた

女性、アカペラで歌ってみろと言われ…

 

正しい発声の意味が分かる驚きの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=US51pamG_1Q

これを見て あなたの間違った常識がくずされた頃に

では、何が正しいの? というブログを書きたいと思います。

ヒントは 「フォルマント」です。

これは口腔共鳴とか鼻腔共鳴とかの話しとも似てますが

違うものです!

お楽しみに♪

…………………………………………………………………………………………………

★True voice の願い

 

あなたがが持っている”本当の歌う力”を

導き出すお手伝いをしたい

それが”TRUE VOICE “の願いです。

 

True voice 主宰 SABURO TAKADA

 

>レッスンの簡単なお問合せフォーム<a href=”https://docs.google.com/forms/d/1p49VMhgsRcmEght6lrXto65v_hJbEh_3Jt7ngGa0HY8/viewform?usp=send_form” target=”_blank”>

 

DMMオンラインサロン

高田三郎のハリウッドスタイル ヴォーカル塾(3800円)

 

https://lounge.dmm.com/detail/400/

 

高田三郎のVocal講師スキルアップ講座 (5800円)

https://lounge.dmm.com/detail/505/

 

truevoiceoffice.com

 

takadasaburo.com

 

 
TAKADA SABURO
● この記事を書いた人 : True Voice 主宰 / 高田三郎

(元) Speech Level Singing 日本初認定ヴォイストレーナー
YAMAHAゴスペル講師、昭和音大非常勤講師

ロサンゼルスから持ち帰ったハリウッドスタイルのヴォイストレーニングとプロシンガーでもある自身が開発した高田メソッドによる科学的、理論的な発声指導法で多くのプロアーティストのヴォイスコーチとして活躍中。

「高い声で歌える本」「ヴォーカリストのための全知識」「カラオケで高得点をたたき出すボイトレ本」など数十冊のボイトレ本の著者でもある。

コメントを残す